銀座線、日比谷線の中央区銀座エリアの不動産仲介 オレンジハウス

東京都江戸川区一之江六丁目17番20-501

ハワイ特集(はじめに)(1)ハワイ諸島編⑤歴史

公開日:

更新日:2019/06/30

カテゴリー: ハワイ | 社長ブログ  タグ:  | | | | |


アローハ

『はじめに』(1)ハワイ諸島編ー⑤歴史(カイウラニ王女)

リリウオカラニ女王は日本の皇族以外とは結婚を認めないとの遺言を残し他界されています。

そしてカイウラニ王女はその遺言を守り諸外国の数々の縁談を断り独身を貫き、23歳の若さで他界されています。

まさに才色兼備。洗練された美人です。

(ウキペディア引用)

1875年にカラカウア王の妹であるリケリケ王女を母に、スコットランド人アーチボルド・クレグホーンを父として生まれ、生後すぐにカラカウア家へ養女に出される。早くから王家の次世代後継者と目されて、国民的人気も高かった。

1889年から、カラカウア王の指示でイギリスに留学。留学中にカラカウアは死去し、伯母のリリウオカラニから王位継承権第1位を指名される。1893年にクーデターが起こってハワイ王国が滅亡すると、英国留学中だったカイウラニは渡米してクーデターの不当性を訴え、グロバー・クルーブランド米大統領との面談に成功し、徹底調査する約束を取り付ける。

 

女王リリウオカラニの姪で王位継承者であったが、ハワイ併合の翌年に死去した

1897年11月、カイウラニは8年ぶりにハワイに帰国。1899年、23歳で死去。

日本はこの時の反省からか?昭和に入り李氏朝鮮の併合を受けるのですが、逆にこれが失敗します!
私は、歴史の転換点を考えるとき、このカラカウア国王の申し出を断った時から始まっていると思います。
但し、結果はどうなっていたかは誰も分かりません。
カラカウア国王の顔形は、どことなく薩摩や琉球民族に似ているように思うのは私だけでしょうか?

もしかすると、海洋民族だった日本人が古代に渡った可能性もあるのではないでしょうか?
少なからず王家は、日本人と同類のDNA系統を持ち、そして古代日本と同じような神を敬っていたのではないかとも思ってしまいます。(古神道)

観光ガイドさんは力説していました。イオラニ宮殿や現在のハワイは白人が作り上げたハワイで、本当のハワイではないと、そしてハワイ人は米国人を嫌っていると、ハワイ人は日本人の事が好きだと話していました。

お世辞が入っているとはいえ観光ガイドさんが、ここまで話せる環境は素晴らしいと思いました。

なんだかんだ言っても米国の懐の深さだと思います。やっぱり言論の自由がないと駄目ですね、

共産圏でこんな話をしたら即刻逮捕されるでしょうからw

念のため、上の写真はガイドさんではなく私です(笑)

1993年民主党のクリントン大統領が正式にハワイ王国の転覆とハワイ先住民族の自決権剥奪を認め謝罪しています。 

マハロ

https://www.orangehouse-ginza.jp/blog